あの頃のまま...

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ボクと妹のいる風景〜ありがとうママンより〜東京」

<<   作成日時 : 2011/12/31 22:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長い題名だ。

劇団青い鳥 スモールワールドU

初演は1996年、天衣織女さんが妹で

姉のようなお兄ちゃんを小日向文世さんが演ってました。

初演観たんですけど、15年も前なのであまりよく覚えてなくって、

新鮮な目で見れました。


下北沢「楽園」というほんとにスモールな空間ですので、

結構きゅうくつで(私が観た日は超満員)体が硬くなりました。

スモールワールドだからね。

母の法事に感動された妹と

カミングアウトしたため疎まれた兄(お姉)が、

久しぶりに再開するストーリー。

今回は兄を天衣さんが演じたのですが、

何だろう、この方のこのエネルギー、パワーは。

なんか釘付けになっちゃうんですよね。

そして森本さんの妹は、

ダメップリがすごいかわいくて、

森本さんのキャラが生きていました。

そして楽しく寂しく悲しく愉快に進んでいくのですが、

途中「ゴドー」がでてくるまでは。

いるのかなあ、そのくだり。

いるんでしょうね。

このくだりがあるために、

お芝居がぐっと難解になります。

難解でもいいか。

この世は難解なのだ。

人は考えてなんぼなのじゃー、はっはっはぁー。



観劇日:2011年12月23日(金)マチネ  於:小劇場 楽園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ボクと妹のいる風景〜ありがとうママンより〜東京」 あの頃のまま.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる