あの頃のまま...

アクセスカウンタ

zoom RSS 大衆演劇?「心の旅路」

<<   作成日時 : 2011/12/30 11:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

出演する知り合いの方に「観にきてね」と言われなければ

きっと自発的には行かないタイプのお芝居です。

「心の旅路〜大桜剣劇団より〜」

大衆演劇というジャンルになるのでしょうか?

のっけの舞台前あいさつで、

「お食事してもOK、掛け声掛けてもOK、写真とってもOKとなんでもありです。

おひねりだって投げてもらってかまいません」

と言われ戸惑いましたが、

日頃、お行儀よくそんなこともっての他だと言われるお芝居を観ているものには、

はいそうですか、と出来るわけもなく静かに観劇。

周りの人たちもみなお行儀よかったです。


旅の一座が、終戦後の変わり行く世間の波に、

自分たちの芝居を変えていかなければ生き残れないという局面にさらされる。

時代の移り変わりの中、

新しいものが成長していく一方で、

古いといわれるものが退いていく物悲しさ。

最後に一座の座長がみせる

無言の国定忠治に、こみ上げるものがありました。

どんなジャンルのお芝居にも、

ひとの心を振るわせる場面がある。

これが好きで味わいたくて、お芝居を観続けているのかも。



観劇日:2011年9月23日(金)マチネ  於:銀座みゆき館劇場


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大衆演劇?「心の旅路」 あの頃のまま.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる