あの頃のまま...

アクセスカウンタ

zoom RSS 土田英生セレクションvol.1「初恋」

<<   作成日時 : 2010/06/27 23:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あーわい初恋消えた日は〜

すきだよと言えずに初恋は〜


古い・・・古いが、

「初恋」と言われるとイメージ的にはこんな感じ。

たしかにこのお芝居もこんな感情ではある。

しかし、シュチエーションは「ええー!?」なんです。

だいぶ前から、殿・・・今井朋彦さんの舞台を一度観たい、

と思っていて、

念願かなってきてみたら、

ゲイばかりが暮らすアパート?下宿?の

りっぱなゲイの役どころでした。

でも、演技はなんかいやに説得力あって、

さすがって感じでしょうか。

片桐仁さんとの掛け合いも楽しく、

皆さんがほんとにそのすじのかたに見えてきました。

まった、千葉雅子さんのキャラがなんか憎めなくて

笑わせてくれました。

舞台美術もセンスがよく、

こんな下宿ならお世話になってみたいと思わせる

潮風が香ってきそうな素敵なつくりでした。

最後のオチがなんとなくしっくりこないような、

でも、「初恋」なんだね、みたいな

ちょっと切ない気分にさせられました。



観劇日:2010年6月12日(土)ソワレ   於:三鷹市芸術文化センター 星のホール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土田英生セレクションvol.1「初恋」 あの頃のまま.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる