あの頃のまま...

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤坂ACTシアター「いのうえ歌舞伎・壊 蜉蝣峠」

<<   作成日時 : 2009/04/02 01:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

赤坂ACTシアター、お初でありんす。

地下鉄から上がって遊園地?を抜けると

階段の向こうにACTがあります。

どうやら撮影ポイントのようで、

みなさんここで写メを撮っていました。

きっと感想ブログに使うんだね。あっしも使いました。

しかし、でかいよこの小屋!

けちってA席にしたので、2階席の10列目、

舞台が遠いーーーーーー。

傾斜は充分なので、視界に障害物の心配はなかったけど・・・。


なーんだか幕開きすぐにう○こがいっぱい出てきた。

そーだ、クドカンのホン(脚本)だったと、

ここで思い出した。(忘れてたよ。)

まあ、前半は小学生の喜びそうな下ネタ満載。

久しぶりの新感線なのに、不覚にも居眠りぶっこいちまいました。

この手のネタは、1階席で顔が見えないと

イマイチ笑えないよなあ。

2階席の空気はびみょーでした。(と思う)

こんなことならオペラグラス持ってきて勝地涼くんのお顔を眺めときゃよかったか。

諒くんのキャラは、「未来講師めぐる」のときのようであったが、

あっ、「めぐる」もクドカンじゃん。

シリアスな諒くんもいいけど、おちゃめもよいわ。

しかーし、肉眼では表情までわからず。残念。

そして、おいら居眠りのお陰でお話が飛んだまま休憩に入っちまったよ。トホホ。


休憩後は打って変わってシリアスタッチで、

迫力の殺陣シーンいっぱいでありましたが、

なんせ、かなりの高さで見下ろしているので、

途中、はじっこで堤くんが休んでる?のが見えたりして・・・。

でも、堤くんはとっても楽しそうに刀を振り回していました。

新太と息ぴったりだよね。

いくらやられても死なない闇太郎、

でも、結局美味しいところを持って行ったのは、

梶原善さんでしょうかねー。

もちろん、じゅんさんも面白かったっす。うす。

やっぱ、1階席の中央あたりで見たかったっす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤坂ACTシアター「いのうえ歌舞伎・壊 蜉蝣峠」 あの頃のまま.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる